カートの中身を見る

» カートの中身を見る

チケット購入の前に必ずお読み下さいませ。
チケット購入までの流れ
チケット購入後の流れ
【ひむろしらゆき祭、当日のご案内】
メルマガ登録・解除はこちら
「第二回かき氷サミット2017(理想のかき氷機をもとめて・・・)」 観覧チケット
型番 0506_S
販売価格

2,000円(内税)

SOLD OUT



        
日時5月6日19:00〜20:30
場所氷室神社 拝殿
出演茶屋赤鰐 店主 五島一弘氏(岐阜)
さくら氷菓店 店主 塚崎 秀一氏(茨城)
しもきた茶苑 大山 店主 大山泰成氏(東京)
cocoo cafe 店主 上田誠規氏(大阪)
池永鉄工株式会社
(株)中部コーポレーション
氷室神社 大宮宮司
テーマ
「第二回かき氷サミット2017(理想のかき氷機をもとめて・・・)」
内容
今回のサミットはずばり「かき氷機」
人気かき氷店主が求める理想のかき氷機とは。
益々進化を続けるかき氷機の開発者さんをお招きして
、 日々数百杯のかき氷を提供し続ける人気かき氷店の店主さんと
かき氷機の今そして未来を討論していただきます!

開発者が考える未来のかき氷とは・・
店主が今一番求めるかき氷機とは・・
「軸」「回転」「削り」・・・

かき氷提供店舗さんには、他では絶対知りえない話が飛び出すかも!
是非ご参加くださいませ!


        
出演者プロフィール
かき氷店 【茶屋赤鰐 店主 五島一弘氏】

名古屋市のAMATOにて修行後 平成4年岐阜市にて赤鰐を開業。
以来24年間かき氷を削りまくる毎日を過ごし
来年には通算100万杯を達成予定(推定)。
最近の流行りのかき氷についていけず やや焦り気味の52歳。   
かき氷店
【さくら氷菓店 店主 塚崎 秀一氏】

さくら氷菓店は2013年8月、茨城県龍ヶ崎市の畑の中の物置スペースで開業したかき氷専門店です。
その後2014年5月に茨城県土浦市に通年営業のかき氷店として開店しました。
夏場は龍ヶ崎、オフシーズンは土浦にて営業しております。
かき氷店を始めるきっかけは、元々は食べ歩きのが好きで、ブログを書いていたのですが、ひょんな事から天然氷の蔵元である松月氷室吉新氏との出会い、その後天然氷を使ってかき氷店を開きたいと思うようになり、実家の軒先の物置で開業しました。
始めた当初は紆余曲折の連続でしたが、現在は地元のお客様と常連様に支えられて営業しております。
かき氷店 【しもきた茶苑大山 店主 大山泰成氏】

平成18年(2006)8月にかき氷を始めました。
「どっちの料理ショー」や雑誌『だんちゅう』で紹介された超人気店ながら惜しまれつつ同16年に閉店した「鈴の茶屋」の女将から氷の挽き方とレシピ引き継ぎ、お茶屋のこだわりを加えたかき氷をご提供しております。
近年は真夏の繁忙期でも60食を限定として、自ら氷を挽くことを信条としております。
ブームに流されず、かき氷を通じて「日本茶の魅力」をお伝えしたいと願っております。
かき氷店
【cocoo cafe 店主 上田誠規氏(大阪)】

「今日は暇やなぁ…ええお天気やぁ。」と店内を見渡した昼下がり。
「cocooの店内に、かき氷機あったらかわいいなぁ。」という会話。
その後、道具屋筋へ。
「お店の雰囲気にあうんはコレやな。」と池永鉄工さんのスワンSI-3Bと目が合う。
置いとくだけなんも勿体無いんでかき氷始めました。
そんなこんなで現在に至る。
技術者
池永鉄工株式会社
技術者
(株)中部コーポレーション
特別ゲスト
氷室神社 大宮宮司
この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける